このような方へ
お悩みの方へ

東京文理学院高等部

169-0075 
東京都新宿区高田馬場4-4-11
電話:03-3365-1781
FAX:03-3365-1782

お悩みの方へ

こころの状態や体調に配慮してもらえますか

スクールカウンセラーも全面的にバックアップ

東京文理学院には相談室があり、4名のカウンセラーが日替わりで勤務しています。
相談室は皆さんがいろいろなことに悩んだり困ったりしたときに、お話を聴いてどうしたらいいか一緒に考えるところです。
月曜日 本間 寿津子 (9:30〜17:00)
火曜日 藤城 知佳 (9:00〜17:00)
水曜日 矢吹 ともゑ (9:00〜17:00)
木曜日 藤城 知佳 (9:00〜17:00)
金曜日 金森 淳一 (9:00〜17:00)
矢吹 ともゑ
皆さんこんにちは。カウンセラーの矢吹です。
生徒の皆さんがより充実した学校生活を送れるよう、少しでもお手伝いできたらいいな、と思って日々生徒さんにお会いしています。相談室にくる生徒さんの悩みは10人いれば10通り、本当に様々です。
学校生活のこと、友人関係、家族のこと、自分自身について、などで悩んでいるときにはもちろんですが、『カウンセリングって何をするところ?』『人に相談するのはちょっと勇気がいる・・・』という人にもぜひ一度来室欲しいと思います。カウンセリングではこんなことを話してはいけない、ということもなければこんなことを話さなければいけない、ということもありません。皆さんが日頃一人で考えていることや悩んでいることについて、一緒に考えていくところです。 文理学院に来たら、気軽に来室してみてください。このHPを見てくれている皆さんに会えるのを楽しみにしています。
本間 寿津子
こんにちは。
カウンセラーの本間です。午前中は適応指導教室に、午後はカウンセリングルームにいます。(月曜日担当)
東京文理学院での高校生活を楽しく過ごせるように、見守っていきたいと思っています。
もし、あなたに心配な事や、気になる事があった時、是非、カウンセリングルームにいらして下さい。
あなたの気持ちが楽になるように、一緒に考えていきましょう。
つらい事が少しでも軽くなるように、楽しい事は、もっと嬉しくなるように、話しに来て下さるのを待っています。
金森 淳一
カウンセラーの金森です。カウンセリングルームとは、あなたの話したい事を安全に気兼ねなく話してもらう空間です。嬉しかった事、ちょっと気になる些細な事、なんでも結構です。悩み事だけが、私達カウンセラーの関心事ではありません。あなたが話したいと思う事、知って欲しいと思う事、それらが私達カウンセラーの関心事です。安心して気兼ねなくお立ち寄りください。お待ちしています。
藤城 知佳
高校生活を過ごすなかで、困ったことや不安なこともあるかと思います。そんな時には、ぜひカウンセリングルームに来てみてください。
皆さんの抱えている事柄を整理し、これからどう付き合っていくか、どう対処していくか、一緒に考えていけたらと思います。
自分自身の悩みに限らず、困っている家族や友人についての話でもかまいません。
自分では小さな悩みだと思っていても、いくつも悩みが重なればとてもつらくなってしまいます。
意識していなくとも体に症状が出ていることもありますので、一人で抱えず、話してみてください。
また特に困っていることがなくても、カウンセリングをこれまでの自分自身を振り返り、客観的に見つめ、自分の新しい可能性を見つける時間に使っていただければと思います。

できることをやっていきましょう

こころの状態について


精神的に不安定な状態になり、心療内科や精神科を受診した経験のある生徒もおります。

こちらについても、出来ることから始めていきます。登校した後調子が芳しくなければ保健室で対応したり、適応指導教室にはいったり出来ますし、系列の東京教育カウンセリング研究所からカウンセラーも来ていますので面談を受けることも出来ます。職員も研究所の研修を受けていますので知識や理解があると思って大丈夫です。


場合によっては、生徒が通っている医療機関やカウンセラーと本校職員で面談して指導方針を決めることもあります。

体調管理をお手伝いします

体調管理のお手伝いをしています


本学院の生徒の中には体調の不安をもつ生徒がおります。
心臓、腎臓の疾患、てんかん、原因不明の強い頭痛、過敏性大腸症候群、起立性調節障害、自律神経失調症などの生徒は少なくありません。事情をよくお聞きして、配慮することが出来ます。

基本的に欠席の法律上のペナルティー(留年、単位不認定)が有りませんので、出来ることを出来るだけやっていこうという姿勢で大丈夫です。教室の座席の配置や研修旅行時の薬の管理など、ご遠慮なくご相談ください。
ケースによっては主治医さんとお話をさせていただいて、指導の参考にさせていただいています。

本学院は1992年に開校した、最も歴史のあるサポート校です