このような方へ
お悩みの方へ

東京文理学院高等部

169-0075 
東京都新宿区高田馬場4-4-11
電話:03-3365-1781
FAX:03-3365-1782

学校について

学院長より ご挨拶です

生徒の皆さんへ

「学校になかなか足が向かない」、「勉強を頑張っているけど思うようにいかない」、「人との関わり合いが上手くいかない」等、様々な躓きを感じてきた生徒達が、集団での生活を通して、一つ一つ自信を付けていき、一歩先の自分を目指して生活していける場所、それが東京文理学院高等部です。


学力に応じたクラス編成は1クラス30名前後で、今までの勉強で定着できなかったところ、抜けてしまった部分を補いながら学習をしていくことができます。授業は、一斉、少人数、個別と、クラスによって最適なスタイルで、わかるところからのスタートなので、ついていけないということはありません。また、林間教室、臨海教室、海外研修と各学年で宿泊行事があり、体育祭、文化祭、芸術鑑賞会、映画鑑賞会等、高校時代のたくさんの思い出を作ることができます。


入学してから、登校できるだろうか、友達ができるだろうか、勉強についていけるだろうかという心配を、多くの卒業した先輩達も感じていましたが、仲間との関わりや先生、カウンセラーの協力を得て、それぞれの目の前にあるハードルをクリアしてきました。

今まで色々なことで上手に出来ないことあった。それをここでの学校生活を通して一つずつ積み重ね、これから少しずつ出来るようにしていけば良いじゃないか。社会に出て自分の力で歩んでいけるようにしていきたいと願う生徒達が集まる、文理学院はそんな学校です。

皆さんの将来を、一緒に築いていきましょう。
学院長 魚井 算人

まずはじっくりお話しましょう

東京文理学院では、個別でお話をじっくりとお聞きして、それから授業を見学(校舎見学)していただいています。おひとりおひとりの悩みと向き合い、時間をかけて話をお聞きしたいと思っています。ご相談の内容はご要望に応じてます。
(1)学校説明
ご来校いただいた際にご記入いただく「学校説明受付票」で特に詳細な説明を希望される点を伺います。学校生活に描いている夢を共有してから、東京文理学院のご紹介をさせていただきます。学校生活を送る上で、知りたいこと、心配な事はご遠慮なくお尋ねください。一つ一つ不安を取り除くことで安心して学校生活を送っていただけます。
(2)学習相談
学校には行っているけれど、なかなか成績に結びつかない。広汎性発達障がいのために極端に苦手な科目がある、などというお子さんにも東京文理学院入学後に個々の状況に応じてどんなフォローをしてさしあげることができるのか、お話をさせていただきます。なお、成績資料や主治医からの症状説明などがありましたら、より具体的なアドバイスとフォローを提示することができます。(個人情報は厳守します)
(3)進学相談
サポート校だけでなく、一般高校、特別支援校、通信制高校など、進路先の選択肢は多様化しています。でも、それぞれの学校の特色を理解した上で、進路選択をする必要があります。お差し支えない範囲でお子さんの現在の状況と学校に対する希望などを私たちにお聞かせください。そのお子さんにとって、それぞれの学校で得られるメリット、デメリットをお話させていただきます。
(4)教育相談
思春期の子育てはなかなか思い通りにならないことが多く、親子関係もこれまでとは違ったものになります。その変化は一様ではなく、どの親御様も戸惑っています。20年以上にわたり、2,000名以上の思春期の子どもたちと毎日格闘してきた東京文理学院には、実に多くのケーススタディがあります。お一人で悩まず、ご家族だけで抱えず、どうぞ私たちにご相談ください。
TEL: 03-3365-1781 FAX: 03-3365-1782
info@t-bunri.co.jp ご予約フォーム

【こんな時、ヒヤリングシートをご活用ください】


お子さんご同席での個別相談は、東京文理学院としても歓迎致します。
ただし場合によっては、お子さんがいらっしゃる場ではお話しづらい内容もあるのではないかと心を配っております。
(生育暦・いじめの原因・発達障がい・家庭環境等)
ヒヤリングシートをお持ちいただき、受付時担当にそっとお渡しいただければ配慮した形で個別面談をさせていただきます。
お預かりしたヒヤリングシートは個人情報保護に配慮して責任もって処分させていただきます。

ヒヤリングシート